今度は空の見える日本橋を再現。「ALWAYS」続編の製作が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年11月21日 > 今度は空の見える日本橋を再現。「ALWAYS」続編の製作が決定
メニュー

今度は空の見える日本橋を再現。「ALWAYS」続編の製作が決定

2006年11月21日 12:00

“空の見える日本橋”が 描かれたポスター「ALWAYS 続・三丁目の夕日」

“空の見える日本橋”が
描かれたポスター
[拡大画像]

東京タワー完成前、昭和33年の東京の街並みと昭和のノスタルジーを最新VFXを用いて描き、関係者の予想を上回る興収35億円の大ヒットを記録した「ALWAYS 三丁目の夕日」(05年11月公開)。その続編となる「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の製作が決定し、11月19日、配給の東宝から発表された。なお、山崎貴監督をはじめ、吉岡秀隆堤真一小雪らスタッフ・キャストはそのまま続投する。

物語の舞台となるのは、東京タワーが完成し高度経済成長時代に突入した昭和34年で、前作から4カ月後の世界。前作では建設途中の東京タワーが再現されたが、今回は高速道路が架かる前の“空の見える日本橋”を中心に、羽田空港や特急こだまなども再現されるという。なお、ファンからの大きな反響と、キャスト全員の再登板が決まったことで続編製作を決意したという山崎監督は、来年早々に控えるクランクインに向けて「ものすごく高いハードルだが、やるからには前作を倒してもっと凄いものを作りたい。スタッフも燃えているので、かなり面白いものが出来ると思います」と意気込みを語っている。「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は07年11月公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi