アカデミー賞ドキュメンタリー部門、第1次選考結果が発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年11月21日 > アカデミー賞ドキュメンタリー部門、第1次選考結果が発表
メニュー

アカデミー賞ドキュメンタリー部門、第1次選考結果が発表

2006年11月21日 12:00

日本公開は来年1月20日「不都合な真実」

日本公開は来年1月20日
[拡大画像]

11月15日、米映画芸術科学アカデミーは第79回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画部門の第1次選考結果を発表した。選考委員会が選出したのは、東京国際映画祭でも特別上映された「不都合な真実」(写真)など15本。来年1月23日に最終候補5作品が選出される。

不都合な真実」は、民主党の元大統領候補アル・ゴアが地球温暖化の危機を声高に叫ぶ問題作で、ドキュメンタリー映画としては史上3位となる大ヒットを記録。昨年、史上2位の興収をあげた「皇帝ペンギン」が同部門の覇者となったことから、今年の大本命と目されている。その他、小児愛者である元神父の衝撃的な告白をカメラにおさめた「Deliver Us from Evil」、コンサート中のブッシュ批判発言で共和党支持者から激しい攻撃を受けることになる人気女性歌手グループの苦悩の日々を追った「Shut Up and Sing」、盲目の少年たちがヒマラヤ登頂を目指す「Blindsight」、イラクに派遣された米兵が自ら撮影した映像が生々しい息遣いを生む「The War Tapes」などがエントリー。今週末から日本公開される「めぐみ/引き裂かれた家族の30年」は選から洩れた。

マイケル・ムーア監督作品などの人気で、年々需要が高まってきているドキュメンタリー映画。昨年は受賞作「皇帝ペンギン」の他、3本の候補作が日本でも劇場公開されているだけに、来年1月23日のノミネート結果発表に要注目だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi