クリント・イーストウッド監督が再来日。「硫黄島2部作」完成会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年11月17日 > クリント・イーストウッド監督が再来日。「硫黄島2部作」完成会見
メニュー

クリント・イーストウッド監督が再来日。「硫黄島2部作」完成会見

2006年11月17日 12:00

画像1

[拡大画像]

クリント・イーストウッド監督が太平洋戦線最大の激戦地、硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島2部作」。すでに公開中のアメリカ版「父親たちの星条旗」に続いて、日本版の「硫黄島からの手紙」が完成。同作のプロモーションのため、イーストウッド、プロデューサーのロバート・ローレンツ、脚本のアイリス・ヤマシタが来日。11月16日、東京・六本木のグランドハイアット東京にて記者会見が行われ、イーストウッドら3人に加え、主演の渡辺謙二宮和也伊原剛志加瀬亮が登壇した。

イーストウッド監督は、完成したばかりの2部作について「私の映画の中で、最も大事にしていることは『正直さ』と『真実』です。今回の(日本版の)俳優たちは、正直かつ素直な演技をしてくれました。私にとって、この映画はとても重要なもので、日米双方で失われた生命に対してのトリビュートにしたいという気持ちがありました。映画の終盤、栗林忠道中将による『何年もたったら、君たちのことを皆が思い出し、君たちの魂を祈ってくれるだろう』という台詞がありますが、これは非常に大事な台詞だと思います。この映画は『戦争の虚しさ』というものを描いています。戦争には、勝者も敗者もありません。一番忘れてはいけないのは、若者たちの犠牲があったという事実です」と語った。

また、長年イーストウッドの右腕として活躍してきたプロデューサーのローレンツは、「元々クリント・イーストウッドという人間は恐れを知らない、勇気のある人間だと思っていたのですが、今回は非英語の作品ということで、さすがに少し心配でした。ですが、先日ラフカットを観てホッとしました。言葉はまったく分かりませんでしたが、パワフルな作品だと感じました」とコメント。

そして主演の渡辺謙は、「僕たちが忘れてはいけない、絶対に捨ててはいけない歴史がこの映画の中にはあります。僕たちが、ある意味命を賭けて作り上げた『硫黄島』という状況を、スクリーンを通して1人でも多くの方に体験していただければ本当に嬉しいです。この映画をこれから世界に届けたい」と語り、会見を締めくくった。

「硫黄島2部作」第1弾「父親たちの星条旗」は現在公開中。第2弾「硫黄島からの手紙」は12月9日日本公開。

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像2

画像3

画像4

画像5

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「父親たちの星条旗」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「父親たちの星条旗」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


(左から)渡辺謙、クリント・イーストウッド監督「父親たちの星条旗」

(左から)渡辺謙、クリント・イーストウッド監督

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi