「ウィンター・ソング」監督が見た金城武の“激しさ” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年11月7日 > 「ウィンター・ソング」監督が見た金城武の“激しさ”
メニュー

「ウィンター・ソング」監督が見た金城武の“激しさ”

2006年11月7日 12:00

「ウィンター・ソング」ピーター・チャン監督「ウィンター・ソング」

「ウィンター・ソング」ピーター・チャン監督
[拡大画像]

「ラブソング」の名匠ピーター・チャン監督の最新作で、金城武ジョウ・シュンジャッキー・チュンら豪華アジアスターが共演するラブストーリー「ウィンター・ソング」が、11月11日より公開される。公開前に来日したピーター・チャン監督に話を聞いた。

本作は、かつて恋人同士だった男女が、お互い人気俳優となってミュージカル映画で共演を果たし、10年前の愛をたどるラブストーリー。まず、ミュージカルという手法を選択した理由を尋ねると「映画監督としてより良いものが作れるように、あえて自分のスタイルとかけ離れたミュージカルに挑戦した」と話す。特にミュージカルファンではないという監督は「一番難しかったのが心情表現。ミュージカルは表現が大げさでシュールだから、繊細でリアルな私のスタイルと常に綱引きしているようだった」と苦労話を吐露した。参考にした作品があるか尋ねると「いろいろな作品を見たけど、シュールとリアルのバランスを保っている作品はなかった。ただ、細かいところではボブ・フォッシーの『キャバレー』を参考にした」と答えた。

金城武の撮影エピソードも披露。クライマックスに描かれる主人公2人が抱き合うシーンは、撮影4日目に行われたという。「スタッフ、キャストともにまだ打ち解けておらず、照明もカメラも演技も全て酷かったんだ。困惑する(金城)武から“どうすればいい?”と聞かれ、僕も“分からない”と答えるしかなかったほど(笑)。翌日撮影をやり直したんだけど、その時突然マジックが起きたんだ。照明もカメラもバッチリで、カメラが抱き合う2人にクローズアップしていくと同時に、武の瞳から涙がとめどなく流れ落ちてきた。内向的な彼が初めて見せた激しい感情に、スタッフ全員が静まり返り、カメラマンのクリストファー・ドイルは興奮して私の肩をバンバン叩いてきたよ」と、シャイな金城が見せた激しい一面を話してくれた。「ウィンター・ソング」は11月11日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi