10人が撮った「ユメ十夜」。「第三夜」で香椎由宇が6人の子持ちに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月31日 > 10人が撮った「ユメ十夜」。「第三夜」で香椎由宇が6人の子持ちに
メニュー

10人が撮った「ユメ十夜」。「第三夜」で香椎由宇が6人の子持ちに

2006年10月31日 12:00

※06年11月3日(金)の「ニュース&噂」は祝日のため更新をお休みさせていただきます

最後に完成した「ユメ十夜」の第三夜 (左から)堀部圭亮、香椎由宇、清水崇監督「ユメ十夜」

最後に完成した「ユメ十夜」の第三夜
(左から)堀部圭亮、香椎由宇、清水崇監督
[拡大画像]

明治の文豪夏目漱石の「夢十夜」を、上は90歳の市川崑監督から、下は30歳の山下敦弘監督まで、日本映画界から10人の監督を集めて映像化したオムニバス映画「ユメ十夜」。スケジュールの都合で撮影が延びていた清水崇監督による「第三夜」の撮影現場取材が、10月30日、神奈川・川崎の多摩川河川敷で行われ、清水監督と、主演の堀部圭亮香椎由宇が取材に応じてくれた。

「こんな夢を見た。」という書き出しで始まる夏目漱石の短編集「夢十夜」。その中の「第三夜」は、自宅での創作に煮詰まっている漱石の深層心理に迫る怪奇物語。本作で漱石を演じた主演の堀部は「こんな濃い顔の漱石もいないでしょうね(笑)。でも僕も12歳から32歳まで、胃潰瘍を患っていたので、(胃潰瘍を患っていた)漱石を演じるのに少しは役に立ったかも」とコメント。

一方、漱石の妻で6人の子持ちという、初めての役に挑んだ香椎は、19歳で40代の母親役を演じた感想を聞かれ「え、30代じゃなかったの? 監督に騙されました」と苦笑していた。「ユメ十夜」は07年正月第2弾ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi