東京サクラグランプリは、「OSS 117 カイロ、スパイの巣窟」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月31日 > 東京サクラグランプリは、「OSS 117 カイロ、スパイの巣窟」
メニュー

東京サクラグランプリは、「OSS 117 カイロ、スパイの巣窟」

2006年10月31日 12:00

※06年11月3日(金)の「ニュース&噂」は祝日のため更新をお休みさせていただきます

各賞受賞者たち (前列右から2人目)グランプリ受賞のミシェル・ハザナビシウス監督「リトル・ミス・サンシャイン」

各賞受賞者たち
(前列右から2人目)グランプリ受賞のミシェル・ハザナビシウス監督
[拡大画像]

10月29日、第19回東京国際映画祭が幕を下ろし、渋谷Bunkamuraオーチャードホールで行われたクロージングセレモニーでは、コンペティション部門ほか各部門の受賞結果が発表され、今年の東京サクラグランプリには、ミシェル・ハザナビシウス監督「OSS 117 カイロ、スパイの巣窟」が選ばれた。

同作は、1950~60年代のフレンチ・コメディ「OSS」シリーズの新作であり、ジャン・デュジャルダン演じる色男スパイの奮闘が滑稽に描かれた作品。ミシェル監督は、「東京国際映画祭に招いていただき、素晴らしい時間を過ごした。この映画に関わった全ての人々にお礼を言いたい」と感謝を述べた。本映画祭の審査員長を務めたジャン=ピエール・ジュネは、グランプリ作品について「どこの国の人が見ても楽しめる映画。ほとんどの審査員が一致して選んだ」とコメントし、「たとえ文化が違っても、人間的感情は共感できるということを、本映画祭が思い出させてくれた」と語った。主な受賞結果は以下の通り。

■コンペティション部門

東京サクラグランプリ

「OSS 117 カイロ、スパイの巣窟」(ミシェル・ハザナビシウス監督)

審査員特別賞

「十三の桐」(ルー・ユエ監督)

最優秀監督賞

ジョナサン・デイトンバレリー・ファリス監督(「リトル・ミス・サンシャイン」)

最優秀主演女優賞

アビゲイル・ブレスリン(「リトル・ミス・サンシャイン」)

最優秀主演男優賞

ロイ・デュピュイ(「ロケット」)

最優秀芸術貢献賞

「父子」(パトリック・タム監督)

観客賞

リトル・ミス・サンシャイン

■アジアの風部門

最優秀アジア映画賞

「父子」

■日本映画・ある視点部門

作品賞

ミリキタニの猫」(リンダ・ハッテンドーフ監督)

特別賞

高良健吾(「M」男優)

黒澤明

ミロス・フォアマン市川崑

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi