ミスコン出場の少女と家族を描く「リトル・ミス・サンシャイン」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月31日 > ミスコン出場の少女と家族を描く「リトル・ミス・サンシャイン」
メニュー

ミスコン出場の少女と家族を描く「リトル・ミス・サンシャイン」

2006年10月31日 12:00

※06年11月3日(金)の「ニュース&噂」は祝日のため更新をお休みさせていただきます

見事3冠を受賞した「リトル・ミス・サンシャイン」 (左から)ジョナサン・デイトン、バレリー・ファリス監督「リトル・ミス・サンシャイン」

見事3冠を受賞した「リトル・ミス・サンシャイン」
(左から)ジョナサン・デイトン、バレリー・ファリス監督
[拡大画像]

第19回東京国際映画祭コンペティション部門に出品された「リトル・ミス・サンシャイン」の上映が、10月28日、渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて行われた。

同作は、今年1月のサンダンス映画祭で喝采を受け、その後の全米公開でも7週に渡ってTOP10圏内にランクインするなど大ヒットを記録。グレッグ・キニアトニ・コレットアラン・アーキンらアカデミー賞ノミネート経験を持つ俳優に加え、「40歳の童貞男」のヒットなど今や飛ぶ鳥を落とす勢いのスティーブ・カレルら豪華キャストが集結し、ミスコンに出場する少女を応援する家族を演じている。

上映後に行われた記者会見&ティーチインに登壇したジョナサン・デイトンバレリー・ファリス監督夫妻は、「自身は映画のどのキャラクターに似ていると思うか」と聞かれ、「僕は何事も決して諦めない性格だから、(グレッグ・キニア演じる)リチャードかな」(デイトン)、「(ポール・ダノ演じる、言葉を発しない)ドウェーンを見てると自分の10代を思い出すわ」(ファリス)と笑顔でコメントした。また、「これだけのキャストをどうやってうまくまとめたのか?」との問いには、デイトンが「撮影前にキャストみんなに300ドル(約3.5万円)を渡して、1日旅行してもらったんだ。おかげで撮影が始まる頃にはみんな本当の家族のようだったよ」とその秘訣を語った。

ミスコンという文化に疑問を感じていると公言するデイトンは、「映画では2つの価値観を描いているんだ。人生をコンテスト(競争)として生きるのか、それともダンス(楽しみ)として生きるのか。他人にジャッジされずに生きるという人生もあるということだ」と映画のテーマについて語った。満員の観客から惜しみない拍手を贈られた「リトル・ミス・サンシャイン」は、翌日発表された東京サクラグランプリで、監督賞、主演女優賞(アビゲイル・ブレスリン)、観客賞の三冠に輝いた。

07年、正月ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi