東京国際映画祭、「犬神家の一族」豪華キャストらで華々しく終幕 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月31日 > 東京国際映画祭、「犬神家の一族」豪華キャストらで華々しく終幕
メニュー

東京国際映画祭、「犬神家の一族」豪華キャストらで華々しく終幕

2006年10月31日 12:00

※06年11月3日(金)の「ニュース&噂」は祝日のため更新をお休みさせていただきます

画像1

[拡大画像]

10月21日より東京・六本木と渋谷の両会場で開催されていた第19回東京国際映画祭が10月29日に閉幕した。会場となった渋谷のBunkamuraオーチャードホールでは、クロージング作品として、市川崑監督の「犬神家の一族」が上映され、監督・キャストが舞台挨拶を行った。

会場には、27年ぶりに名探偵・金田一耕助に扮した石坂浩二やヒロインの松嶋菜々子ら総勢7名のキャストが駆けつけ、レッドカーペットを歩いて会場入りしたが、会場周辺に集まったファンからは、松嶋ら女優陣の艶やかな姿に歓声が上がった。

最後に行われた舞台挨拶では、市川監督が30年ぶりに自らリメイクした新作について「『ああしたい、こうしたい』という未練もあるが、愛着を持ってこの写真を皆さんと一緒に作ったので、ぜひご覧になって批評をお願いします」と91歳という年齢を感じさせない力強い口調で語った。

一方、主演の石坂は、「30年前の作品をリメイクするのは、人によっては『図々しい』と思われるかもしれないが、作品を観て『少しは進歩しているな』思ってもらえればありがたいです」と、素直な心情を吐露した。また、ヒロイン(野々宮珠世)の大役を果たした松嶋も、「私なりの珠世を演じようと思っていましたが、崑監督のマジックで、本当に良いところだけを拾って素晴らしい珠世にしていただきました」と、市川監督の手腕を絶賛した。「犬神家の一族」は、12月16日公開。

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像2

画像3

画像4

画像5

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「犬神家の一族」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「犬神家の一族」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


レッドカーペット上の「犬神家の一族」ご一行 (左から)深田恭子、尾上菊之助、松嶋菜々子、スケキヨ、 市川崑監督、石坂浩二、富司純子、松坂慶子、萬田久子「犬神家の一族」

レッドカーペット上の「犬神家の一族」ご一行 (左から)深田恭子、尾上菊之助、松嶋菜々子、スケキヨ、 市川崑監督、石坂浩二、富司純子、松坂慶子、萬田久子

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi