ロバート・ゼメキス監督の新作、3D史上最大規模で公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月27日 > ロバート・ゼメキス監督の新作、3D史上最大規模で公開
メニュー

ロバート・ゼメキス監督の新作、3D史上最大規模で公開

2006年10月27日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

前評判は上々?「ベオウルフ」

前評判は上々?
[拡大画像]

ロバート・ゼメキス監督(「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ/一期一会」)が現在製作中の最新作「ベオウルフ」が、3D映画としては史上最大規模で公開されることが明らかになった。同作は、イギリスの叙事詩「ベオウルフ」をモーション・キャプチャー技術を駆使して立体映像化する意欲作で、アンジェリーナ・ジョリーアンソニー・ホプキンスクリスピン・グローバーレイ・ウィンストンらが参加している。3D映画のため、果たしてどれだけの劇場を確保できるかが鍵となっていたが、米ハリウッド・レポーター紙によると、07年11月16日の封切り時には全米1000館以上で公開される見通しだという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi