キャストに関しては100点満点。「松ヶ根乱射事件」記者会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月27日 > キャストに関しては100点満点。「松ヶ根乱射事件」記者会見
メニュー

キャストに関しては100点満点。「松ヶ根乱射事件」記者会見

2006年10月27日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

「松ヶ根乱射事件」監督、出演者 (左から)山下監督、新井浩文、三浦友和、木村祐一「松ヶ根乱射事件」

「松ヶ根乱射事件」監督、出演者
(左から)山下監督、新井浩文、三浦友和、木村祐一
[拡大画像]

現在開催中の第19回東京国際映画祭のコンペティション部門にノミネートされた「リンダ・リンダ・リンダ」の山下敦弘監督の新作「松ヶ根乱射事件」の記者会見が10月25日、東京・渋谷のBunkamuraで行われ、山下監督以下、主演の新井浩文三浦友和木村祐一が登壇した。

同作は90年代初頭のとある田舎町を舞台に、ある謎のカップルがやってきたことによって壊れゆく町の様子をユーモアたっぷりに描いたブラックコメディで、新井は主人公で町の警察官の光太郎、三浦はその父親の豊道、そして木村は、町にやってくるカップルの片割れ佑二をそれぞれ演じている。

第1回東京国際映画祭のグランプリ受賞作「台風クラブ」(相米慎二監督)のイメージで三浦をキャスティングしたという山下監督が「(今回の三浦さんの役は)『台風クラブ』の先生がそのまま年をとったイメージ」と話すと、それを受けて三浦は「確か『台風クラブ』は僕が最初に参加した低予算のインディペンデント作品。“こんな映画作りもあるんだ。これはこれで面白いもんだなあ”と教えてくれた作品ですね」と感慨深げに語っていた。

最後に、監督は本作について、「キャストに関しては100点満点。悩んで作った割には結構サラリと撮ってしまった作品ですが、お客さんにとって“しこりの残る作品”になっていてくれれば」と締めくくった。

松ヶ根乱射事件」は、07年新春ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi