官能シーンも女性リードで?「TANNKA 短歌」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月27日 > 官能シーンも女性リードで?「TANNKA 短歌」会見
メニュー

官能シーンも女性リードで?「TANNKA 短歌」会見

2006年10月27日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

女性主導のもと作られた「TANNKA 短歌」 (左から)阿木耀子監督、村上弘明、黒谷友香、黄川田将也「TANNKA 短歌」

女性主導のもと作られた「TANNKA 短歌」
(左から)阿木耀子監督、村上弘明、黒谷友香、黄川田将也
[拡大画像]

歌人・俵万智の初長編小説「トリアングル」を、作詞家の阿木耀子が初監督で映画化した官能ドラマ「TANNKA 短歌」が、10月26日、第19回東京国際映画祭の特別招待作品として上映され、それに合わせた記者会見が六本木アカデミーヒルズ(東京・六本木)にて行われた。会見では主演の黒谷友香黄川田将也村上弘明、監督、原作者らが登壇した。

映画は、年上と年下の男性の間で揺れる女性を描いたもの。劇中の熱い濡れ場にも注目が集まっているが、黒谷は「監督を信頼し、一生懸命演じた。女優として新たな1ページを刻むことができた」と達成感のあるコメント。また、原作、監督、主演など主だったところで女性が活躍しているが、一方の男性陣はといえば「理想の男性像を演じて」と言われた村上は、「女性にソフトに接して、最終的に踏み台になってくれと言われた。これが現代の日本男児のありようなのかな(笑)」と語れば、黄川田も「ベッドシーンは黒谷さんがプロ意識が高いので、恥ずかしがっていては失礼だと思い、自然に演じた」と語り、現場でも女性陣がリードしていた様子をうかがわせた。

ちなみに村上は「ベッドシーンでは監督自身が愛撫してほしいことなんだと理解して演じ、シーンが終わったあとはいつも“これで気持ちよかったかな?”と監督の顔を伺ってました」と語り、会場の笑いを誘っていた。

TANNKA 短歌」は11月11日全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi