双子の悲劇を記録映画的手法で描いた2人の監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月27日 > 双子の悲劇を記録映画的手法で描いた2人の監督
メニュー

双子の悲劇を記録映画的手法で描いた2人の監督

2006年10月27日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

監督もミステリアスな関係!? (左から)キース・フルトン、ルイス・ぺぺ「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」

監督もミステリアスな関係!?
(左から)キース・フルトン、ルイス・ぺぺ
[拡大画像]

70年代のイギリスを舞台に、生まれながらに腹部がつながっている結合性双生児が、ロックバンドで鮮烈にデビューするも、やがて彼らに悲劇が訪れる様を描いた「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」。第19回東京国際映画祭の特別招待作品として上映され、10月26日には、監督のキース・フルトンとルイス・ぺぺが六本木アカデミーヒルズ(東京・六本木)にて会見を行った。

テリー・ギリアム監督の映画撮影が、様々な困難により潰えていく様子を追ったドキュメンタリー「ロスト・イン・ラマンチャ」で注目された2人だが、今回は劇映画。しかし、本作にも実在の人物が登場したり、インタビュー映像が挿入されたりと、ドキュメンタリー的な手法が多く使われている。そのため会見では、ドキュメンタリーとフィクションについての質問が多く寄せられたが、ルイスが「ドキュメンタリーとフィクションを別のものと考えていない。どちらもストーリーテリングの手法」と語れば、キースも「ドキュメンタリーをやっていると人の本質を描こうとする視点が生まれ、それがフィクションを撮る上でもいいツールになった」とコメントした。また、15年来一緒に仕事を続けているという2人だが「双子の間にはミステリアスな関係がある。その親密性は想像するしかないが、それを映画のなかで捉えることができれば」(ルイス)と、実際に双子でもある主演のハリー&ブライアン・ディックの現場での不思議に息の合った様子に、少し謎めいたものを感じていたようだ。

07年新春ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi