日本の“バミューダ・トライアングル”に挑む!宮内洋探検隊 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月20日 > 日本の“バミューダ・トライアングル”に挑む!宮内洋探検隊
メニュー

日本の“バミューダ・トライアングル”に挑む!宮内洋探検隊

2006年10月20日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

超常現象の謎に迫る! (左から)松嶋初音、宮内洋、荒木憲司監督「スーパーマン リターンズ」

超常現象の謎に迫る!
(左から)松嶋初音、宮内洋、荒木憲司監督
[拡大画像]

スーパーマン・リターンズ」のブライアン・シンガー、「インデペンデンス・デイ」のディーン・デブリンが製作総指揮を務め、サム・ニールエリック・ストルツなどを迎え、魔の海域バミューダ・トライアングルの謎を映像化するTVシリーズ「バミューダ・トライアングル」が11月26日にWOWOWで一挙放送され、来年2月23日にはDVDがリリースされる。

この「バミューダ・トライアングル」の公式サイトではユニークな試みとして、11月中旬より日本の超常現象を追うドキュメンタリー「宮内洋探検隊の超常現象シリーズ」が配信されることになった。10月18日には、角川ヘラルド映画の本社で探検隊の結団式が行われ、隊長である宮内洋、隊員の松嶋初音、そして荒木憲司監督が参加した。

シリーズ第1弾では、グアム島、伊豆七島付近、野島崎の沖を結ぶ日本版バミューダ・トライアングルの謎を追うという。「打倒ブライアン・シンガー!」と目標を掲げる荒木監督は「『バミューダ・トライアングル』はドラマですが、こちらは真実を追い求めます!」と意気込みを語った。同シリーズでは、第2弾でUFO、第3弾でツチノコを取り上げ、「バミューダ・トライアングル」と共にDVDでリリースされる予定となっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi