ダークで暴力的で強烈なシーンの連続!「ソウ3」の監督が語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月20日 > ダークで暴力的で強烈なシーンの連続!「ソウ3」の監督が語る
メニュー

ダークで暴力的で強烈なシーンの連続!「ソウ3」の監督が語る

2006年10月20日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

直視できない恐怖を描き出した ダーレン・リン・バウズマン監督「ソウ」

直視できない恐怖を描き出した
ダーレン・リン・バウズマン監督
[拡大画像]

予測のつかない物語と凄惨な恐怖描写によって人気シリーズとなったシチュエーション・スリラー「ソウ」。その最新作「ソウ3」が完成し、10月19日に東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズにて、完成披露とプロモーションのために来日中のダーレン・リン・バウズマン監督によるティーチ・インが行われた。

同作は、アメリカではMPAA(アメリカ映画協会)の5回に渡る審査を経て、なんとかR指定(17歳以下は親か成人の保護者の同伴が必要)となり、日本でも映倫との協議の結果、4シーンの映像を暗くすることでR-15(15歳未満は入場禁止)に落ち着いた衝撃作だ。

この日はその修正が間に合わなかったためR-18(18歳未満は入場禁止)バージョンが上映されたが、その内容は前2作を凌駕するもので、ティーチ・インでは「映画が公開できなくなる可能性を考えなかったか?」という質問も飛んだ。これに対してバウズマン監督は「レイティングのことはもちろん考えているものの、判定を予測するのは難しい。ダークで暴力的で強烈なシーンが多いけれど、それはホラー映画の監督が取り組むべき仕事だと思うんだ」と熱く語った。「ソウ3」は11月18日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi