マーティン・スコセッシ監督、今後は低予算映画に専念 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月17日 > マーティン・スコセッシ監督、今後は低予算映画に専念
メニュー

マーティン・スコセッシ監督、今後は低予算映画に専念

2006年10月17日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

最新作「ディパーテッド」がアメリカで大ヒット中のマーティン・スコセッシ監督が、今後はハリウッド映画から距離を置き、低予算映画に専念する考えであることを明らかにした。製作費9000万ドル(約107億円)の「ディパーテッド」を完成させたスコセッシ監督は、スタジオ側の支援に感謝しながらも、「予算が膨れあがると、リスクを冒せなくなる」と語り、これからは少ない予算でより野心的な映画を撮っていく意向であることを明かした。次に取りかかるのは、15年来の夢だったという遠藤周作の小説「沈黙」の映画化だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi