007誕生を描く「カジノ・ロワイヤル」特別映像上映&会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月17日 > 007誕生を描く「カジノ・ロワイヤル」特別映像上映&会見
メニュー

007誕生を描く「カジノ・ロワイヤル」特別映像上映&会見

2006年10月17日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

肝心のボンドはご欠席 (左から)マーティン・キャンベル監督、エバ・グリーン、 バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン

肝心のボンドはご欠席
(左から)マーティン・キャンベル監督、エバ・グリーン、
バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン
[拡大画像]

シリーズ第1作の「ドクター・ノオ」以来、40年以上に渡って世界の映画ファンを魅了してきた007シリーズ。その第21作目となる「007/カジノ・ロワイヤル」の日本公開を約1カ月後に控え、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリマイケル・G・ウィルソンマーティン・キャンベル監督、そしてボンドガールを務めたエバ・グリーンがプロモーションのために来日。10月17日、東京・新宿の新宿パークタワーにて21分の特別映像上映と来日記者会見を行った。

シリーズ21作目となる本作は、6代目007となるダニエル・クレイグを迎えて、ジェームズ・ボンドがいかにして00(ダブル・オー)の称号を得たのかを描く007/ジェームズ・ボンド誕生の物語。原作もイアン・フレミングが書いたシリーズ最初の007小説とあって、特別上映された21分の映像には、リアルで泥臭い肉弾戦によって、ボンドが徐々に磨かれていく様子が描かれている。特別上映後の会見において、マイケル・G・ウィルソンは「前作『ダイ・アナザー・デイ』を作り終えて、007シリーズが少し派手になり過ぎたと思いました。そこで今回は“基本に立ち返ろう”という気持ちで作りました」と本作の製作コンセプトを語り、父親のアルバート・R・ブロッコリから007プロデューサーの座を受け継いで5作目となるバーバラは、世界中で大きな反響があった初の金髪007となるダニエル・クレイグの起用について「ダニエルは、セクシーでありながら、少しダークなところもあり、今回の作品にピッタリの“クラシック”ボンドです。この作品の後、ダニエルはビッグスターになるでしょう」と自信たっぷりに話していた。

また、17作目の「ゴールデンアイ」以来となる2度目の007映画となったマーティン・キャンベル監督は、本作について「ジェームズ・ボンドが、映画の最後に007になります。ダニエル・ボンドの成長を見届けて欲しい」と抱負を語った。「007/カジノ・ロワイヤル」は12月1日に全国ロードショー公開。

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi