香港版「Gメン'75」?「ドラゴン・スクワッド」の監督を直撃 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年10月10日 > 香港版「Gメン'75」?「ドラゴン・スクワッド」の監督を直撃
メニュー

香港版「Gメン'75」?「ドラゴン・スクワッド」の監督を直撃

2006年10月10日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

「ドラゴン・スクワッド」のダニエル・リー監督「ドラゴン・スクワッド」

「ドラゴン・スクワッド」のダニエル・リー監督
[拡大画像]

常盤貴子がヒロインを務めて話題となった香港映画「もういちど逢いたくて/星月童話」「ファイターズ・ブルース」のダニエル・リー監督が、若き刑事たちの活躍を描くアクション「ドラゴン・スクワッド」が間もなく公開される。先頃、同作のPRのために来日した監督に話を聞いた。

バネス・ウーショーン・ユーら人気華流俳優がエリート刑事に扮するほか、「ターミネーター」のマイケル・ビーン、「シルミド/SILMIDO」のホ・ジュノ、「M:i:III」のマギーQら海外スターが悪役として出演する本作は、監督が中学生のときに熱中したという日本のドラマ「Gメン'75」を意識して撮ったそう。「元々私はアクション映画が大好きなのですが、ここ最近はアクションから遠のいていました。銃撃戦シーンがたくさんある本格派アクションが撮りたいと考えていたときに、チームワークを駆使して悪を倒していく『Gメン'75』を思い出したんです」と語る監督。先述したキャスティングについて尋ねると「特に悪役は、若手刑事たちにとって脅威となるテロリスト役に見合った俳優を選びました。皆さん台本を読んですぐに出演を快諾してくれたのですが、あれだけのメンバーが揃うと、それぞれ自分の役について主張してくるんです。その調整は難しかったですね」と撮影の苦労話をこぼした。

「Gメン'75」といえば、ドラマの中で黒木警視役として親しまれた丹波哲郎が、奇しくもこの取材のわずか3日前に亡くなったのだが、それを伝えると「亡くなられたと聞いたとき、彼の作品について色々と思い出しました。例えば深作欣二監督の『柳生一族の陰謀』で丹波さんが演じた対決シーンは、私が見たチャンバラ映画の中では今でも最高峰です。深作監督が亡くなり、丹波さんもこの世を去り、自分の憧れの人がいなくなるのは寂しいことですね。お悔やみを申し上げます」と哀悼の意を表した。

ドラゴン・スクワッド」は10月14日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi