メル・ギブソン、変装して自作の試写会に登場 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年9月26日 > メル・ギブソン、変装して自作の試写会に登場
メニュー

メル・ギブソン、変装して自作の試写会に登場

2006年9月26日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

飲酒運転で逮捕されて以来、公の場から姿を消していたメル・ギブソンが、自らの監督作「アポカリプト」の試写会場に現れた。オクラホマ州ロートンの大学で行われた試写では、帽子とサングラスとカツラで変装していたため、マスコミのなかで誰一人気づいたものはいなかったという。翌日、テキサス州オースティンで行われた試写では、上映後に質疑応答を実施。有名俳優を一切起用せずに、全編マヤ語で製作した本作へのこだわりから、イラク戦争批判まで、多くのことについて語ったが、飲酒運転で逮捕された際にユダヤ人差別発言をしたことに関しては触れなかったという。「アポカリプト」は、12月8日に全米公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi