キース・リチャーズ、「パイレーツ3」撮影現場で泥酔 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年9月26日 > キース・リチャーズ、「パイレーツ3」撮影現場で泥酔
メニュー

キース・リチャーズ、「パイレーツ3」撮影現場で泥酔

2006年9月26日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

来年公開のシリーズ第3作「パイレーツ・オブ・カリビアン/アット・ワールズ・エンド」に、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが出演することが正式に確認された。リチャーズといえば、ジョニー・デップがジャック・スパロウ役を作り上げる上で参考にした人物として知られ、また、デップと交友があることから、ジャック・スパロウの父親役としての出演が期待されていた。しかし、ストーンズのツアーのスケジュール調整や、リチャーズが酔っぱらってヤシの木から落ちて怪我をするなどのトラブルがあり、実現が危ぶまれていた。そこへデイビー・ジョーンズ役のビル・ナイが、フォックス・ニュースの取材に対し、リチャーズが撮影現場にやってきたことを明言。ナイ自身はその場に居合わせなかったそうだが、リチャーズは待ち時間に酒を飲み過ぎたせいで、本番でまっすぐ立つことができず、ゴア・バービンスキー監督が両足を支えていたそうだ。酒に酔って撮影に臨んだことに関して、リチャーズは悪びれもせず「素面のヤツが必要なら、間違った男を呼んでしまったな」と語ったとか。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi