虚構と現実が共存するファンタジー「クリムト」ラウル・ルイス監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年9月26日 > 虚構と現実が共存するファンタジー「クリムト」ラウル・ルイス監督
メニュー

虚構と現実が共存するファンタジー「クリムト」ラウル・ルイス監督

2006年9月26日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

独自のスタイルで天才画家クリムトを描いた ラウル・ルイス監督「クリムト」

独自のスタイルで天才画家クリムトを描いた
ラウル・ルイス監督
[拡大画像]

1900年代初頭のウィーンを舞台に、幻想と現実の間を行き来した天才画家グスタフ・クリムトの生き様を、「見出された時/『失われた時を求めて』より」などで知られるラウル・ルイス監督が、ジョン・マルコビッチ主演で描いたファンタジックな人間ドラマ「クリムト」。公開を1カ月後に控えて監督が来日。9月25日、東京・飯田橋の日仏学院で記者会見を開いた。

幻想と現実、仮想と真実を行き来する独特な作風で知られるラウル・ルイス監督。本作について「私は、この映画の副題に『シュニッツラー風の』というのを付けています。シュニッツラーという作家はクリムトと同時代の人であり、また精神分析学者のフロイトが自分の分身と呼んだ人物です。シュニッツラーが書いた小説に『誘惑の喜劇』というのがありまして、その中にクリムトをモデルにしたキャラクターが出てきます。このように、私の映画『クリムト』でも、虚構と現実が共存しています。それは、シュニッツラーが文学の世界で行ったやり方です。ですから、私はクリムトの伝記映画をつくるのではなく、この象徴的なクリムトという人物を巡るファンタジーを撮ろうと思ったのです。もし、私がピタゴラスの伝記映画を作るとしたら、今回と同じようにピタゴラスにまつわる神話と歴史的な事実を混ぜて伝記作品を仕上げるでしょうね」と自らのスタイルを説明。

また、劇中に女性器が映ることにより、日本ではR-15指定になったことについて「ちょっとやり過ぎのような気もしますが、どこの国でも同じだったと思います。ただ、現在の人々とあの当時の人々の裸体との関係はまったく違うということを覚えておいた方がいいと思いますね」と超然としていた。「クリムト」は10月28日ロードショー。

クリムト デラックス版[DVD] クリムト デラックス版[DVD] 最安価格: - オーストリアの天才画家・クリムトを、ジョン・マルコヴィッチが見事に演じきった究極の愛の物語。監督:ラウル・ルイス
ミステリーズ 運命のリスボン[DVD] ミステリーズ 運命のリスボン[DVD] 最安価格: ¥4,886 2010年、本国フランスで1年間という異例のロングランを続けた後、その年最良のフランス映画に贈られるルイ・デリュック賞を始め、世界中で数々の賞を受賞!監督:ラウル・ルイス

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi