スプラッターというジャンルの魅力とは?「ミートボールマシン」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年9月22日 > スプラッターというジャンルの魅力とは?「ミートボールマシン」
メニュー

スプラッターというジャンルの魅力とは?「ミートボールマシン」

2006年9月22日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

残虐シーンに心が躍る!? 「ミートボールマシン」山口監督(左)と西村喜廣「ミートボールマシン」

残虐シーンに心が躍る!?
「ミートボールマシン」山口監督(左)と西村喜廣
[拡大画像]

「地獄甲子園」で長編デビューを果たし、昨年は「魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE」で、日本のバカコメディのジャンルを開拓した山口雄大監督が、脚本と第二班監督を務めた「VERSUS」(北村龍平監督)以来となるスプラッター・ホラーに挑戦した「ミートボールマシン」。山口監督と特殊メイクを務めた西村喜廣氏にインタビューを行った。

突然謎の生命体に寄生された人間たちの血みどろの戦いを描く本作は、「ホステル」や「ハイテンション」「ソウ」シリーズなど、現在世界の映画祭で話題となっているスプラッター・ホラーの日本代表ともいえる作品。だが、作り物とはいえ、血液が大量に吹き出る残虐描写により、多くの人間に敬遠されがちなジャンルで、マイナーなのは否めない。なぜ、これほどまでにこのジャンルに惹かれるのか聞いてみると、西村氏は「僕の場合はスプラッターが好きというよりも、特殊メイクが好きだったんですよ。例えば『エクスタミネーター』の最初の首の切れるシーンを見て、『これはどうやって作られているんだろう?』と思うことから入るんです(笑)。だから、最近のCGバリバリの作品には抵抗を感じますね。アナログなのがいいんですよ」と話す。一方の監督は「僕も、西村さんと同じで『どうやって作られているんだろう?』というところから入ったのですが、観客に『あれは(痛そうで)見てられなかった』なんて言われると、ニヤッとしてしまうところが正直ありますね。でも陰惨なものを作ろうとしているわけではないし、リアルに痛さを想像できないくらいの描写をしているので、僕にとっては『想像もできないモノをなんで痛がるんだろう? 痛さが分からないじゃないか』という疑問がありますね(笑)」

ギャグ作家としての小津安二郎ダリオ・アルジェントを尊敬しているという山口監督だが、「小津安二郎はギャグが最高に面白いです。アルジェントは最近は酷いのばかりなので、ファンをやめようと思ったのですが(笑)、なかなかどうにもやめられないんですね。僕はコメディとホラーの2つのジャンルでしか作れないと思います(笑)。今は、ゾンビものと時代劇を融合させた作品を準備しています」とのこと。「ミートボールマシン」は9月23日、渋谷シアター・イメージフォーラムにてレイトショー。

魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE【DVD初回盤】[DVD] 魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE【DVD初回盤】[DVD] 最安価格: - 野中英次原作のコミックを、山口雄大監督が実写映画化した学園コメディ。
MEATBALL MACHINE-ミートボールマシン-[DVD] MEATBALL MACHINE-ミートボールマシン-[DVD] 最安価格: - 。『魁!!クロマティ高校THE★MOVIE』の山口雄大が贈るダークヒーロー・ホラー・アクション!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi