沢尻エリカ「オトシモノ」試写会場で悪霊騒ぎ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年9月15日 > 沢尻エリカ「オトシモノ」試写会場で悪霊騒ぎ
メニュー

沢尻エリカ「オトシモノ」試写会場で悪霊騒ぎ

2006年9月15日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

ゾンビに囲まれて… (左から)加藤ミリヤ、古澤健監督、沢尻エリカ「オトシモノ」

ゾンビに囲まれて…
(左から)加藤ミリヤ、古澤健監督、沢尻エリカ
[拡大画像]

沢尻エリカ主演のホラー映画「オトシモノ」のプレミア試写会が、9月13日、東劇(東京・東銀座)で行われ、沢尻エリカ古澤健監督が舞台挨拶に登壇した。

「ホラーは結構好き」という沢尻は、「叫ぶとストレス発散にもなりますが、監督には随分と叫ばされましたね(笑)」と撮影の感想を語った。監督によれば沢尻は霊感が強い方だそうで、「撮影中『ここ、ちょっとまずい場所です』とか言われて、逆にこっちが緊張してしまった」そうだ。2人の挨拶が終わると、会場には主題歌を担当した加藤ミリヤ、厄除けを行うためにやってきた文殊院(東京・杉並)の空真和尚が登場。加藤がダルマの目に墨を入れて本作の大ヒットを祈願した。

と、ここまでは比較的よくある試写会舞台挨拶の風景。この後、集まった報道陣に向けて写真撮影を行うため、登壇者が一度壇上から降りたところで突然、場内が暗転し、劇場に多数のゾンビが出現。しかし、たまたま(?)その場に居合わせた空真和尚がすかさず念仏を唱えて悪霊を退散。事なきを得た。沢尻はゾンビたちににらまれて「ガン見されてる」と、さすがにビビりながらも、和尚の悪霊払いによって危険の去ったゾンビたちとともに写真撮影に応じていた。

オトシモノ」は9月30日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi