ベネチア国際映画祭、サプライズづくしの受賞結果 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年9月12日 > ベネチア国際映画祭、サプライズづくしの受賞結果
メニュー

ベネチア国際映画祭、サプライズづくしの受賞結果

2006年9月12日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

ジャ・ジャンクー監督作「三峡好人」「クィーン」

ジャ・ジャンクー監督作「三峡好人」
[拡大画像]

第63回ベネチア国際映画祭が9月9日に閉幕。最高賞である金獅子賞に、中国のジャ・ジャンクー監督作品「三峡好人」が選ばれた。本作はコンペ部門へサプライズ・フィルムとして出品されたもので、三峡ダム建設により沈みゆく町を舞台に、別れた妻子とよりを戻そうとする男、音信不通の夫を捜す女を描いた物語。11月17日より開催される東京フィルメックスのオープニング作品としてプレミア上映が決定している。

今年のベネチアのさらなるビッグ・サプライズは、最優秀男優賞にベン・アフレックが選出されたこと。ベンは、アレン・コールター監督「ハリウッドランド」で、1950年代のTVドラマ「スーパーマンの冒険」に主演した俳優、ジョージ・リーブスの苦悩を演じ、見事、受賞に輝いた。また、最優秀女優賞は「クイーン」にてエリザベス2世を演じたヘレン・ミレンが受賞。本作は、ダイアナ元皇太子妃の死の直後、混乱するロイヤル・ファミリーとエリザベス2世の姿を描いたもので、脚本賞も受賞した。なお、日本から参加した今敏監督「パプリカ」、大友克洋監督「蟲師(むしし)」は無冠となった。

主な受賞結果は以下の通り。

金獅子賞

ジャ・ジャンクー監督

「三峡好人」

銀獅子賞(監督賞)

アラン・レネ監督

「プライベート・フィアズ・イン・パブリック・プレイシズ」

銀獅子賞(特別賞)

エマヌエーレ・クリアレーゼ監督

「ザ・ゴールデン・ドア」

審査員特別賞

マハマット・サレ・ハルーン監督

「ドライ・シーズン」

最優秀男優賞

ベン・アフレック(「ハリウッドランド」)

最優秀女優賞

ヘレン・ミレン(「クイーン」)

技術貢献賞

エマヌエル・ルベツキ(「トゥモロー・ワールド」)

最優秀脚本賞

ピーター・モーガン(「クイーン」)

マルチェロ・マストロヤンニ

(新人俳優賞)

イジルド・ル・ベスコ(「ジ・アンタッチャブル」)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi