スカーレット・ヨハンソン、恋人とのラブシーンは大変? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年9月12日 > スカーレット・ヨハンソン、恋人とのラブシーンは大変?
メニュー

スカーレット・ヨハンソン、恋人とのラブシーンは大変?

2006年9月12日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

10月14日より公開「ブラック・ダリア」「ブラック・ダリア」

10月14日より公開「ブラック・ダリア」
[拡大画像]

10月14日より公開される「ブラック・ダリア」で、恋人のジョシュ・ハートネットと共演したスカーレット・ヨハンソンが2人のラブシーンの撮影の苦労話を語った。同作の撮影現場で出会ったのがきっかけで2人は恋に落ちたのだが、だからといって撮影は楽しいばかりことではなかったようだ。「ラブシーンをジョシュと演じるのは面白かったけど、特にロマンティックな気分にはならなかったの。ああいうシーンは結果的に変なシーンになることが多いけど、セクシーに仕上がってくれて良かったわ。撮影はボクシングの試合みたいだったけど」と語っている。また、撮影現場は「電気技師が10人くらいサンドイッチをほおばりながら、私が悶えてるのを見てるのよ。監督は叫んでるし」とのことで、さすがに恋人同士とはいえ、大勢の前でラブシーンを演じるのは大変なお仕事だったようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi