奥田瑛二監督を、キャシー・ベイツがベタ褒め。モントリオール3冠 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年9月8日 > 奥田瑛二監督を、キャシー・ベイツがベタ褒め。モントリオール3冠
メニュー

奥田瑛二監督を、キャシー・ベイツがベタ褒め。モントリオール3冠

2006年9月8日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

3つのトロフィーに思わず笑みがこぼれる (左から)安藤和津、杉浦花菜、奥田瑛二「長い散歩」

3つのトロフィーに思わず笑みがこぼれる
(左から)安藤和津、杉浦花菜、奥田瑛二
[拡大画像]

俳優・奥田瑛二の監督第3作「長い散歩」が、9月4日、第30回モントリオール世界映画祭でグランプリ、国際批評家連盟賞、エキュメニック賞(人種問題に関わる優れた作品に与えられるキリスト教団体からの賞)を受賞し、3冠を達成した。これを受けて7日、奥田が銀座東武ホテル(東京・銀座)で凱旋記者会見を開いた。

長い散歩」は、亡き妻への贖罪の念を背負った初老の男と、不幸な境遇に生まれた5歳の少女の旅を描いた感動作。この日、帰国して空港から会見場に直接やってきた奥田は、3つのトロフィーを抱え「嬉しいと同時に公開に向けて気が引き締まる思い」と挨拶し、続けて、まだ興奮冷めやらぬといった状態で現地の様子を詳細に語った。それによれば「公式上映の翌日、街で『すごい』とか『泣けた』といろいろ声をかけてもらい、ひょっとして何かもらえるかも」と、手応えを感じていたとのことだが、「まさかグランプリはもらえるとは思わず、発表を聞いたときは総毛立った」そうだ。審査委員長のオスカー女優キャシー・ベイツには「これは“魂の映画”だ」と評され、「これまで“真実の愛”を撮りたいと思っていたが、“魂の映画”という言葉で、もうひとつ上の目指すものができた」と奥田。「今後は俳優も続けていくが」と前置きしつつも、「監督として人生を全うする確固たる自信と認識ができた」「黒澤、溝口、成瀬といった先達の名匠のように、自分も1本も失敗することなく歴史に残るものを作りたい」と語っていた。

会見の最後には、夫人であり本作の脚本にも参加した女優・安藤和津、本作に出演した子役の杉浦花菜も帰国便から直行して会場に駆けつけ、3人で写真撮影に応じた。「長い散歩」は、12月ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi