「愛の流刑地」、原作の渡辺淳一も大満足のキャスティング : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年9月8日 > 「愛の流刑地」、原作の渡辺淳一も大満足のキャスティング
メニュー

「愛の流刑地」、原作の渡辺淳一も大満足のキャスティング

2006年9月8日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

(前列左から)陣内孝則、長谷川京子、豊川悦司、寺島しのぶほか 主要キャストが勢揃いした「愛の流刑地」会見「愛の流刑地」

(前列左から)陣内孝則、長谷川京子、豊川悦司、寺島しのぶほか
主要キャストが勢揃いした「愛の流刑地」会見
[拡大画像]

社会現象を巻き起こした「失楽園」の渡辺淳一が、同じく日本経済新聞で連載した「アイルケ」こと「愛の流刑地」が映画化される。その製作発表記者会見が、9月7日、東宝スタジオ(東京・成城学園)で行われ、原作の渡辺淳一、監督の鶴橋康夫、主演の豊川悦司寺島しのぶはじめ、総勢11人の豪華で個性あふれるキャストが参加した。

本作は、1人の作家と、愛する人の手によって命を絶たたれることを望む人妻の、究極の愛のかたちを描いた問題作。今回、監督・脚本を手がけた鶴橋にとって、渡辺文学の映像化は75年「野わけ」に続いて2作目となるが、初の映画監督作となる。会見で監督は、出演者1人1人を出席をとるように紹介。ただ1人、名前を呼ばれなかった陣内孝則は「おそらく監督の期待度はその程度だと思う」と言って会場を沸かせ、また「本当にエスプレッソのような濃いキャスト」と個性豊かなキャスティングについての感想を漏らした。

豊川とともに主演を勤めた寺島は「豊川さんとスタッフの優しさによって、本当に集中できた」と涙ぐむ場面もあった。また、実の母である富司とは親子役で共演している。原作の渡辺淳一も「豊川さんと寺島さんの名前を見たときに、これはいいと即座に思った。今回はハードで深い表現が多いのでこの2人なら、と大変嬉しく思う」と期待の言葉を述べていた。「愛の流刑地」は07年1月13日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi