「不都合な真実」、公開延期の気になる都合 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年9月5日 > 「不都合な真実」、公開延期の気になる都合
メニュー

「不都合な真実」、公開延期の気になる都合

2006年9月5日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

オスカー獲ってくれれば好都合「不都合な真実」

オスカー獲ってくれれば好都合
[拡大画像]

全米で話題の社会派ドキュメンタリー「不都合な真実」(原題:An Inconvenient Truth)の日本公開が、当初予定していた10月28日から来年新春に延期された。

同作品は、アメリカの元副大統領アル・ゴアが、地球温暖化現象が原因と言われる世界的な天変地異を例に挙げながら、地球規模の危機が迫りつつあることを訴えるという衝撃的な内容。全米では6月に封切られ、わずか77館の限定公開ながらトップ10入りを果たすなど大ヒットを記録している。

00年の大統領選で現職のブッシュに敗れたゴアが、ブッシュの政策に苦言を呈するシーンもあって、本作は、民主党支持者の多いアカデミー会員の共感を呼ぶのは確実。ずばり、来年のアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞の受賞を目論んでの日本公開延期であるこは間違いない。

近年、「華氏911」や「皇帝ペンギン」などドキュメンタリー作品のヒットが相次いでおり、「不都合な真実」にも同様の期待が寄せられる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi