ベネチア国際映画祭でブッシュ批判が噴出 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年9月5日 > ベネチア国際映画祭でブッシュ批判が噴出
メニュー

ベネチア国際映画祭でブッシュ批判が噴出

2006年9月5日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

9・11テロ当日の模様を描いた 「ワールド・トレード・センター」「ワールド・トレード・センター」

9・11テロ当日の模様を描いた
「ワールド・トレード・センター」
[拡大画像]

ベネチア国際映画祭に出席したアメリカ人監督が、相次いでブッシュ批判を展開している。9・11の同時多発テロをテーマにした「ワールド・トレード・センター」を引っさげて映画祭に参加したオリバー・ストーン監督は、「9・11のもたらしたものは、その日の出来事よりもずっとひどいものだ」とテロとの戦いを訴え、イラク戦争へと突入したブッシュ大統領を批判。ベトナム戦争に従軍経験のあるストーン監督は、今のイラク情勢が泥沼のベトナム戦争を思い起こさせると語った。また、ハリケーン・カトリーナのドキュメンタリー映画「When the Levees Broke: A Requiem in Four Acts」でベネチア入りしたスパイク・リー監督は、ハリケーン災害への対策が遅れたブッシュ大統領を、「貧乏人を切り捨てている」と批判。「銀行にそれなりの預金があって、はじめてブッシュにとって大事な存在になるんだ」と強い口調で語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi