ピーター・ジャクソンが戦争映画「暁の出撃」をリメイク : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年9月1日 > ピーター・ジャクソンが戦争映画「暁の出撃」をリメイク
メニュー

ピーター・ジャクソンが戦争映画「暁の出撃」をリメイク

2006年9月1日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

好きな映画を どんどんリメイク!「ロード・オブ・ザ・リング」

好きな映画を
どんどんリメイク!
[拡大画像]

ピーター・ジャクソン監督が、イギリスの戦争映画「暁の出撃」(原題「The Dam Busters」)のリメイクを手がけることが明らかになった。本作は、第2次世界大戦中、ドイツのダムの破壊計画を立てたイギリス空軍の物語で、実話に基づいている。本作の大ファンであるジャクソン監督は、出世作「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの撮影に入る前からリメイクをしたいと考えていたとのこと。現在、ベストセラー小説「ラブリー・ボーン」(アリス・シーボルド著)の映画化に取りかかっているジャクソン監督は「暁の出撃」のプロデュースを担当し、監督は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズや「キング・コング」などでエフェクトを担当したクリスチャン・リバースが務める。製作費は3000万ドル(約35億円)から4000万ドル(約46億円)と、戦争映画にしては小規模。クランクインは来年を予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi