パラマウント、トム・クルーズと契約打ち切りの波紋 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年8月25日 > パラマウント、トム・クルーズと契約打ち切りの波紋
メニュー

パラマウント、トム・クルーズと契約打ち切りの波紋

2006年8月25日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

逆風続き…「ミッション:インポッシブル」

逆風続き…
[拡大画像]

米大手映画会社パラマウントがトム・クルーズとの契約を打ち切った件で、ハリウッドが揺れに揺れている。パラマウントはトムの製作会社と提携し、14年間に渡って「ミッション:インポッシブル」シリーズなど多数のヒット作を生み出してきた。しかし、パラマウントの親会社であるバイアコムのサマー・レッドストーンCEOは、突如、ウォールストリート紙のインタビューでトムの製作会社との契約を打ち切ることを発表。「個人的には彼のことが好きでも、契約更新は不適切だと考えている。彼の最近の行動は、パラマウントにとって受け入れがたい」とコメントし、「クリエイティブ面において自殺行為を行い、社に損害を与える人間をスタジオ内に置いておくことはできない」と語った。レッドストーンCEOは、トムの行った「自殺行為」については明言しなかったが、「宇宙戦争」のプロモーションの際に「トゥデイ」や「オプラ」などの米人気番組で行った一連の奇行が、「M:i:III」の全米ボックスオフィス成績(1億3350万ドル)に多大なダメージを与えたことを指していると思われる。

このレッドストーンCEOの発言に対し、トムのパートナーであるポーラ・ワグナーは、契約交渉を打ち切ったのはパラマウントではなく、自分たちの方であると反論。契約更改交渉でパラマウントの提示条件を不服としたワグナーとトムは、パラマウントを離れ、独立することを決意。すでに1億ドルの資金調達をしているという。また、トムやジュリア・ロバーツなど有名スターを多数抱えるハリウッド最大手エージェンシーのリチャード・ロベット社長は、「誰がスタジオを運営し、決断を下しているのか不明瞭だ」と、親会社バイアコムの言いなりになり、タレントをないがしろにしているパラマウントを批判。今後、パラマウントとの仕事をボイコットする用意があることを明らかにした。

この件がハリウッドを巻き込んだ大騒動となっているのは、トムの奇行に加え「スター待遇の是非」と「親会社のクリエイティブ面への介入」という2つの問題をはらんでいるため。自らの知名度を武器に、高額のギャラと自由を欲しいままにしてきたスターに「NO」を突きつけたことで、レッドストーンCEOはデビッド・ゲフィンブライアン・グレイザーといったハリウッドの有力者から賞賛を浴びたと発言している。同時に、円満に話を進めていたパラマウントのブラッド・グレイCEOを無視して、親会社のレッドストーンが発言したことに、反感を覚えるハリウッドのクリエイターやタレントも少なくない。「トップガン」「デイズ・オブ・サンダー」でトムと仕事をしたプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーは、「彼は今までと変わらず、素晴らしい役者だ」と語り、「世界的なスターであり、私を含め多くの人が一緒に仕事をしたいと思っている」とトムを擁護している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi