辛口の憂国呆談コンビも絶賛!「カポーティ」監督会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年8月25日 > 辛口の憂国呆談コンビも絶賛!「カポーティ」監督会見
メニュー

辛口の憂国呆談コンビも絶賛!「カポーティ」監督会見

2006年8月25日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

(左から)浅田彰、ベネット・ミラー監督、田中康夫知事「カポーティ」

(左から)浅田彰、ベネット・ミラー監督、田中康夫知事
[拡大画像]

冷血」「ティファニーで朝食を」などで知られる作家トルーマン・カポーティの人生を映画化した「カポーティ」。公開を約1カ月後に控え、ベネット・ミラー監督が来日。8月23日、東京・銀座のホテル西洋銀座で来日記者会見を行った。

長編映画初監督ながら、作品賞・監督賞を含むアカデミー賞5部門にノミネートされたミラー監督。19歳で作家デビューを果たし、派手なゴシップなどで知られたカポーティの表の顔ではなく、彼が人生を賭けた傑作である「冷血」の執筆過程に絞って、この作品を製作したことについて「彼の伝記ということで、映画化したいと思ったわけではない。彼のストーリーはアメリカのクラシックな悲劇だった。彼は『冷血』を書き上げるという自らの野心のためにがむしゃらになり、その結果、身を滅ぼした。これと同じようなことが、現代人、企業、そして国にも起こりえる。また、この作品ではイノセンスの喪失を描いている。アメリカは60年代の田舎町での殺人事件によって、イノセンスを喪失し、9・11で、再びイノセンスを喪失した。現代に通じるものがあると思う」と語った。

この作品でカポーティを演じ、アカデミー賞主演男優賞を受賞したフィリップ・シーモア・ホフマンについては「実際のカポーティよりも太っていて、外見はまるで違うが、とても繊細な精神の持ち主で、内面からカポーティに成りきろうとしていた。今のハリウッドで彼より上手くカポーティを演じる役者はいない」と絶賛した。

会見途中には、浅田彰(評論家・京都大学助教授)、田中康夫(現長野県知事)の憂国呆談コンビが花束贈呈として登壇し、「作家を描いた映画で成功するのは難しいが、この映画は稀に見る傑作」(浅田)、 「あらゆる意味でディセントな(礼儀正しい、適切な、立派な)映画だ」(田中)と褒めちぎっていた。

カポーティ」は9月30日(カポーティの誕生日)に公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi