007最新作はリチャード・カーティス脚本か? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年8月18日 > 007最新作はリチャード・カーティス脚本か?
メニュー

007最新作はリチャード・カーティス脚本か?

2006年8月18日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

ハートウォーミングな「007」に…?「ノッティングヒルの恋人」

ハートウォーミングな「007」に…?
[拡大画像]

シリーズ第22作目となる007最新作「Bond 22(仮題)」の脚本を、「ノッティングヒルの恋人」や「ラブ・アクチュアリー」などを手がけたリチャード・カーティスがオファーされたと囁かれている。「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」(99)以来、007シリーズの脚本を手がけ、「Bond 22」の執筆も担当していたニール・パービスロバート・ウェイドは解雇された模様だ。もし、この噂が事実なら、新作はロマンティック・コメディになるかもしれない?

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi