三谷幸喜はチャップリン?「犬神家の一族」クランクアップ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年8月18日 > 三谷幸喜はチャップリン?「犬神家の一族」クランクアップ
メニュー

三谷幸喜はチャップリン?「犬神家の一族」クランクアップ

2006年8月18日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

出演者も完成が待ち遠しい「犬神家の一族」 (後列左から)深田恭子、石坂浩二、三谷幸喜 (前列)市川崑監督「犬神家の一族」

出演者も完成が待ち遠しい「犬神家の一族」
(後列左から)深田恭子、石坂浩二、三谷幸喜
(前列)市川崑監督
[拡大画像]

市川崑監督と石坂浩二が、30年の歳月を経て同じコンビでリメイクする「犬神家の一族」だが、クランクアップ目前の8月13日、東京・成城の東宝スタジオの撮影現場が報道陣に公開された。

当日は、76年版で原作者の横溝正史が演じた那須ホテルの主人を「THE 有頂天ホテル」の監督である三谷幸喜が演じることが発表され、その撮影も行われた。

撮影後の会見で、出演の感想を聞かれた三谷は「演技の加減が分からず、やり過ぎたこともあった。演技がオーバーと言われることがどんなに恥ずかしいことか分かった」と苦労した様子。また、撮影の合間に市川監督に演技について質問したが、実は出番は全て終わっていたというエピソードを明かし、笑いを誘っていた。

三谷のチャップリンを彷彿とさせるちょび髭メイクに質問が及ぶと、市川監督は「前の日に、テレビでチャップリン特集を見て思いついたんだ」と発言。その答えに「そんな安易なことだったんですか?」と三谷が驚くと、「アイデアなんてそんなものだよ」ととぼけてみせた。

また、金田一耕助を演じる石坂浩二は「どういう形で完成するのか分からないのが相変わらずですね。それが楽しみであり、怖くもあります」コメント。市川監督は「見た人が幸福になる映画を作りたいね」と抱負を語っていた。「犬神家の一族」は12月16日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi