「ワールド・トレード・センター」から生還した男が来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年8月11日 > 「ワールド・トレード・センター」から生還した男が来日
メニュー

「ワールド・トレード・センター」から生還した男が来日

2006年8月11日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

9・11体験を語るウィル・ヒメノ氏 映画本編にもカメオ出演している「ワールド・トレード・センター」

9・11体験を語るウィル・ヒメノ氏
映画本編にもカメオ出演している
[拡大画像]

01年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロにおいて、最も象徴的な被害を受けたニューヨークの世界貿易センタービル(ワールド・トレード・センター)から生還した2人の警察官の手記を元に、「プラトーン」「7月4日に生まれて」のオリバー・ストーン監督が映画化した実録ドラマ、「ワールド・トレード・センター」。公開を2カ月後に控え、主人公のモデルのひとりで、同作のコンサルタントを務めたウィル・ヒメノ氏が来日。8月10日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で来日記者会見を開いた。

同作は、今年春に全米公開された「ユナイテッド93」と同様、9・11のテロを真正面から描いた作品。あの日から、製作・完成までにかかった5年について聞かれると「妥当な時間だと思う。まず、癒しの時間が必要だったし、お金のためだけには作りたくなかっ たから、細部を検証する時間も必要だった。商業映画ということで細かい部分で脚色があるが、95%は真実です。悲惨な状況を描くだけでなく、そこから生まれた善を描いています」と答えた。

また、真実の重さに製作に協力を躊躇することはなかったかとの質問には「真実を伝えるのに、躊躇する必要はまったくない」とキッパリ。そして、あの惨劇を目の当たりにして、なぜワールド・トレード・センターに突入を決意したのか聞かれると「あの状況で恐怖を感じなかった人はいないでしょう。でも、誰かが行かねばなりませんでした。私は警察官でした。その使命があるからこそ突入したのです」と誇らしげに語った。

映画については「プロの俳優による演技が、この映画には必要だった。僕はあの事件当時は今よりずっと痩せてたから、僕の役を演じたマイケル(・ペーニャ)は僕にピッタリだったよ」と笑いながら話していた。

ワールド・トレード・センター」は10月7日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi