窮地のメル・ギブソン、「リーサル・ウェポン5」で人気回復? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年8月8日 > 窮地のメル・ギブソン、「リーサル・ウェポン5」で人気回復?
メニュー

窮地のメル・ギブソン、「リーサル・ウェポン5」で人気回復?

2006年8月8日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

先日、飲酒運転で逮捕された際に行ったユダヤ人差別発言で、ハリウッドで吊し上げに遭っているメル・ギブソンが、「リーサル・ウェポン5」に出演するのではないかと噂されている。もともと同企画には興味がなかったと言われるギブソンだが、自らの発言が原因となって、ユダヤ人の大量虐殺をテーマにしたTVドラマの製作が中止となり、スケジュールが空いたのが噂の根拠となっている。

また、大ヒットシリーズに復帰して、人気キャラクターのリッグス刑事を演じれば、「差別主義者」「反ユダヤ主義者」というダーティなイメージを払拭できるのではないかとの見方もある。日を追うごとにギブソンのスキャンダルは大きくなるばかりで、有名エージェントのバーニー・ブリステインや、コメディアンのロブ・シュナイダーらは今後ギブソンとは仕事をしないと語る一方、ジョディ・フォスターパトリック・スウェイジらが擁護する発言をしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi