昭和天皇を描いた話題作「太陽」が記録を樹立! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年8月8日 > 昭和天皇を描いた話題作「太陽」が記録を樹立!
メニュー

昭和天皇を描いた話題作「太陽」が記録を樹立!

2006年8月8日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

行列が劇場の外まで続いた初日の銀座シネパトス「太陽」

行列が劇場の外まで続いた初日の銀座シネパトス
[拡大画像]

先週末8月5日から公開されたロシア映画「太陽」(アレクサンドル・ソクーロフ監督)が、上映劇場の銀座シネパトスで同館の初日動員・興収記録を樹立した。8日、配給元のスローラーナーが発表した。

太陽」は、太平洋戦争末期、敗戦の決断から人間宣言を行うまでにいたる昭和天皇を、ひとりの“人間”として描いた作品。その内容から日本では公開が難しいとされていたが、この度、東京・銀座シネパトス、名古屋・シネマスコーレの2館で封切られた。折りしも、“A級戦犯合祀問題”に関する昭和天皇の意見を記した側近のメモなどが発見され、昭和天皇の“人”としての側面が社会的にも注目を集めたことと重なり、公開前から劇場に問合せが絶えず、前売券も好調な売れ行きをみせるなど、映画にも注目が集まったという。

こうした中で公開され、銀座シネパトスでは、5日の動員が1236人、興収192万7900円、翌6日も全回満席で動員1234人、興収195万5100円を記録し、同館の初日、2日目の動員・興収記録を樹立した。続く7日も平日ながら立ち見の出る上映回が続いており、12日からは1日の上映回数を現在の7回から10回に増やすことが決定したという。また、名古屋のシネマスコーレでも同様に満席状態が続いているそうだ。

同作は今後、9月23日から大阪・第七藝術劇場、福岡・シネテリエ天神、9月30日から札幌・スガイシネプレックス札幌劇場でも公開。その後も全国20カ所で公開予定で、ロングラン上映が期待されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi