「スーパーマン・リターンズ」のケビン・スペイシー、意外にも初来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年8月1日 > 「スーパーマン・リターンズ」のケビン・スペイシー、意外にも初来日
メニュー

「スーパーマン・リターンズ」のケビン・スペイシー、意外にも初来日

2006年8月1日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

今日はかつらじゃないよね? (左から)ケビン・スペイシー、ケイト・ボスワース、 ブランドン・ラウス、ブライアン・シンガー監督「スーパーマン リターンズ」

今日はかつらじゃないよね?
(左から)ケビン・スペイシー、ケイト・ボスワース、
ブランドン・ラウス、ブライアン・シンガー監督
[拡大画像]

87年の「スーパーマン4/最強の敵」以来、約20年ぶりとなるシリーズ最新作「スーパーマン・リターンズ」。日本公開を3週間後に控え、ブライアン・シンガー監督、スーパーマン役のブランドン・ラウス、ヒロイン・ロイス役のケイト・ボスワース、そして、敵役レックス・ルーサーを演じたケビン・スペイシーが来日。8月1日、東京・六本木のグランドハイアット東京で来日記者会見を行った。

ブランドン・ラウスはもちろんだが、ケビン・スペイシーは意外にも今回が初来日。ラウスは日本語で、スペイシーはなぜか「ボンジュール」とフランス語で挨拶し、和やかなムードで会見はスタート。スーパーマンという大役を見事に演じきったラウスは「僕にとって、スーパーマンとはクリストファー・リーブのことだったが、今はこの役を演じることが出来てとても誇りに思う。誰からも愛されているということは素晴らしいことです」と自信に満ちた面持ちで語った。敵役レックス・ルーサーをコミカルかつ憎々しく演じたスペイシーは、レックス・ルーサーのハゲ頭について「オリジナルでもレックスはハゲなんだ。撮影中はメイク係が私の頭を毎日剃ってくれて、ツルツルに光ってたよ。劇中にカツラが出てくるけど、あれは実生活でも使ってるんだ(笑)」とユーモアたっぷりのコメントを披露。

また、「X-MEN」シリーズの3作目「ファイナル・ディシジョン」を蹴って本作を手がけたシンガー監督は「この映画には自分の最大限の力を注ぎ込みました。『X-メン』『X-MEN2』を製作した経験も役に立っているので、是非見に来てください」と、「X-MEN」シリーズのファンに気を使った(?)コメントで締めくくった。

スーパーマン・リターンズ」は8月12日に先行上映、19日から全国ロードショーとなる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi