ダコタ・ファニング、12歳にしてレイプ被害者を熱演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年8月1日 > ダコタ・ファニング、12歳にしてレイプ被害者を熱演
メニュー

ダコタ・ファニング、12歳にしてレイプ被害者を熱演

2006年8月1日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

オスカー欲しいの

オスカー欲しいの
[拡大画像]

人気天才子役として活躍を続けるダコタ・ファニングが、新作映画でレイプシーンに挑戦したことが明らかになった。アメリカ南部の田舎町を舞台にしたダークな物語「ハウンドドッグ」の中で、ファニングはレイプの被害者を演じ、セミヌードまで披露しているという。母親や彼女のエージェントは、アカデミー賞ものの名演だと絶賛。ちなみに、ファニングは現在12歳だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi