ベネチア映画祭のランナップが発表!日本作品も多数 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年7月28日 > ベネチア映画祭のランナップが発表!日本作品も多数
メニュー

ベネチア映画祭のランナップが発表!日本作品も多数

2006年7月28日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

コンペ部門出品が決まった「パプリカ」「パプリカ」

コンペ部門出品が決まった「パプリカ」
[拡大画像]

8月30日から開幕する第63回ベネチア国際映画祭のラインナップが、7月27日に発表され、最高賞である金獅子賞を競うコンペティション部門に、日本から2本の作品が選出された。1本は、同名人気コミックを大友克洋監督、オダギリジョー主演で実写映画化した「蟲師(むしし)」で、もう1本は、今敏(こん・さとし)監督が筒井康隆の小説を映画化したアニメーション「パプリカ」。アニメ作品がベネチア映画祭のコンペ部門に選ばれたのは、04年の宮崎駿監督の「ハウルの動く城」以来2度目の快挙となる。

さらに今年は、宮崎吾朗監督の「ゲド戦記」と黒沢清監督の「叫(さけび)」が特別招待作品として上映。青山真治監督の「こおろぎ」と押井守監督の「立喰師列伝」がオリゾンティ部門に出品される。なお、コンペティション部門の出品作品は以下の通り(「作品名」監督/製作国で表記)。

第63回ベネチア国際映画祭

コンペティション部門出品作品一覧

「Fallen」

バルバラ・アルベルティ監督/オーストリア

「La stella che non c'e」

ジャンニ・アメリオ監督/イタリア、フランス、スイス、シンガポール

「The Fountain」

ダーレン・アロノフスキー監督/アメリカ

「Hollywoodland」

アラン・コールター監督/アメリカ

「Nuovomondo(The Golden Door)」

エマヌエーレ・クリアレーゼ監督/イタリア、フランス

トゥモロー・ワールド

アルフォンソ・キュアロン監督/イギリス、アメリカ

ブラック・ダリア

ブライアン・デ・パルマ監督/アメリカ

「Bobby」

エミリオ・エステベス監督/アメリカ

「The Queen」

スティーブン・フリアーズ監督/イギリス、フランス、イタリア

「Daratt」

マハマット=サレー・ハルーン監督/チャド、フランス、ベルギー、オーストリア

「L'intouchable」

ブノワ・ジャコー監督/フランス

パプリカ

今敏監督/日本

「Nue propriete」

ヨアヒム ・ラフォーズ監督/ベルギー、ルクセンブルク、フランス

蟲師

大友克洋監督/日本

「Private Fears in Public Places」

アラン・レネ監督/フランス、イタリア

「Quei loro incontri」

ジャン=マリー・ストローブ、ダニエル・ユイレ監督/イタリア、フランス

「Fangzhu」

ジョニー・トー監督/香港、中国

「Hei yanquan」

ツァイ・ミンリャン監督/台湾、フランス、オーストリア

「Zwartboek」

ポール・バーホーベン監督/オランダ、ドイツ、イギリス

「Ejforija」

イバン・ビリパエフ監督/ロシア

「Sang sattawat」

アピチャポン・ウェラセタクル監督/タイ、フランス

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi