アンディ・ラウは、手品で女性を騙す?「愛と死の間で」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年7月25日 > アンディ・ラウは、手品で女性を騙す?「愛と死の間で」
メニュー

アンディ・ラウは、手品で女性を騙す?「愛と死の間で」

2006年7月25日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

後姿も自信あり「愛と死の間で」 (左から)ダニエル・ユー監督、アンディ・ラウ「愛と死の間で」

後姿も自信あり「愛と死の間で」
(左から)ダニエル・ユー監督、アンディ・ラウ
[拡大画像]

昨秋に香港、韓国、シンガポール、マレーシアなどアジア各国で公開され、大ヒットを記録したラブ・ストーリー「愛と死の間(はざま)で」。日本公開を約3週間後に控え、主演のアンディ・ラウダニエル・ユー監督が来日。24日、東京・銀座の銀座東武ホテルで 来日記者会見を開いた。

愛と死の間で」は交通事故で妻を亡くした男と、亡き妻の心臓が移植された女性との心の交流を描いたラブ・ストーリー。アンディはこの作品を選んだ理由について「『LOVERS』『インファナル・アフェア』シリーズのあと、非常に多くのオファーを受けたが、どれも同じような作品だったので、違った役を演じたかった」とコメント。また、30年以上の付き合いで、映画製作会社フォーカス・フィルムスの共同設立者であるユー監督については「長い付き合いだけど、彼がラブ・ストーリーに関してこれほど理解があるとは思わなかった」と笑いながら語った。

一方のユー監督は、アンディの魅力について「まずハンサム。それからとても仕事がしやすいんだよね。どこから撮ってもキレイですから(笑)」と話すと、アンディは「僕は後ろから撮られるのが一番いいんですよ」とおどけてみせた。そして、会見の最後には劇中で登場した手品を披露。「女性を騙す時にいいんです(笑)」と話し、会場を沸かせていた。「愛と死の間で」は、8月12日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi