人気作家、真保裕一が「映画ドラえもん」最新作に参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年7月25日 > 人気作家、真保裕一が「映画ドラえもん」最新作に参加
メニュー

人気作家、真保裕一が「映画ドラえもん」最新作に参加

2006年7月25日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

今年3月に1年間の充電期間を経て新たに生まれ変り、好成績を記録した「映画ドラえもん」。そのシリーズ最新作が、84年の「のび太の魔界大冒険」のリメイク、「のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」に決定した。

監督は映画シリーズ初の女性監督となる寺本幸代が務め、脚本を「ホワイトアウト」「連鎖」などで知られる作家の真保裕一が担当する。なお、真保氏は、かつて「『ドラえもん』のような映画を作りたい」と製作元のシンエイ動画の採用試験を受けたことがあり、その際は不採用となったものの、その後同社で勤務することとなり、「笑ゥせえるすまん」の演出を手がけた経歴を持つ。

製作開始に当たり、真保氏は、「今は小説なんぞ書いている身だが、こうして夢のひとつが叶い、誰よりも興奮しています」と、喜びのコメントを発表した。07年3月公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi