アン・リー監督の新作はトニー・レオン主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年7月21日 > アン・リー監督の新作はトニー・レオン主演
メニュー

アン・リー監督の新作はトニー・レオン主演

2006年7月21日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

今度はアジアが舞台「ブロークバック・マウンテン」

今度はアジアが舞台
[拡大画像]

ブロークバック・マウンテン」でアカデミー賞監督賞を受賞したアン・リー監督の新作「Lust, Caution」の主演に「インファナル・アフェア」「2046」のトニー・レオンが決定した。

「Lust, Caution」は故張愛玲(チャン・アイリン)原作の短編スパイ小説で、1940年代の日本占領下の上海を舞台に、学生運動に身を投じたヒロインが、日本政府のために働く裏切り者の政治家に接近するというサスペンス。表の顔は中国の政治家だが、裏の顔は日本政府のスパイという役柄を演じるのがトニー・レオン。トニーとアン・リーの顔合わせは今回が初めてだという。ヒロインにはモデル出身の新人のタン・ウェイが大抜擢。トニーと一筋縄では行かない複雑な関係を繰り広げる。

アメリカでの配給は「ブロークバック・マウンテン」と同じフォーカス・フィーチャーズで、製作は「HERO」「LOVERS」「単騎、千里を走る。」のビル・コンが担当。クランクインは9月を予定しているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi