40万部のベストセラー「リアル鬼ごっこ」が映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年7月18日 > 40万部のベストセラー「リアル鬼ごっこ」が映画化
メニュー

40万部のベストセラー「リアル鬼ごっこ」が映画化

2006年7月18日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

映画「リアル鬼ごっこ」の1シーン「リアル鬼ごっこ」

映画「リアル鬼ごっこ」の1シーン
[拡大画像]

独裁者の命令により、捕まると実際に殺されてしまう“恐怖の鬼ごっこ”が繰り広げられる、という架空の設定が中高生に受け、40万部のベストセラーとなった山田悠介のホラー小説「リアル鬼ごっこ」が映画化され、先日、クランクアップを迎えた。

原作は、81年生まれの著者が20歳の時に発表し、事実上の自費出版からベストセラーまで漕ぎ着けたという出世作だが、ネット上にはその文章の稚拙さや設定の矛盾などを突く酷評も目立つ。そのため、映画化に当たっては、それらの問題点をクリアするために約2年かけて脚本を練り直し、原作では西暦3000年だった舞台を現代に置き換え、主人公がパラレルワールドに迷い込むなどの設定変更を行ったという。

なお、主演は昨年の「蝉しぐれ」が高く評価された石田卓也。ヒロインに「カナリア」の谷村美月が扮する。07年公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi