黒澤明の「椿三十郎」を、織田裕二&森田芳光でリメイク : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年7月14日 > 黒澤明の「椿三十郎」を、織田裕二&森田芳光でリメイク
メニュー

黒澤明の「椿三十郎」を、織田裕二&森田芳光でリメイク

2006年7月14日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

黒澤明監督、三船敏郎主演「椿三十郎」「椿三十郎」

黒澤明監督、三船敏郎主演「椿三十郎」
[拡大画像]

黒澤明監督の傑作「椿三十郎」(62)が、「踊る大捜査線」シリーズの織田裕二主演で45年ぶりにリメイクされることが、7月12日、配給の東宝から発表された。なお、メガホンを「間宮兄弟」の森田芳光監督が取り、製作総指揮を「男たちの大和」で復活を遂げた角川春樹が務める。

椿三十郎」は、素浪人の椿三十郎が、藩の上役の汚職を暴かんと立ち上がった9人の若侍たちに助太刀し、黒幕と対決する痛快アクション時代劇。オリジナル版では“世界のミフネ”こと三船敏郎が三十郎に扮し、強烈な印象を残したが、今回は森田監督たっての希望で織田が指名されたという。監督のラブコールに応え、初の本格的な時代劇に挑むことになった織田は、「これ以上ないプレッシャーですが、森田監督からの指名に応えられるよう、共に闘って良い作品にしたいと思います」とのコメントを発表した。

また、製作総指揮を務める角川氏は、「時代・歴史小説文庫というジャンルは、以前私が作ったわけで、現代も人気があるのは周知の事実。『椿三十郎』は原作があるので、オリジナルのシナリオ通りにやる。ただ、映画は作られた時代の中で成立する部分が大きく、黒澤作品も例外ではない。監督も主演も代わるわけだから、現代風に練り直して作れば、若い世代も興味を持ってくれるはず。このリメイクで黒澤作品の偉大さを再び世界に問い直したい」とコメントを寄せた。

なお、角川氏は「用心棒」のリメイク権も獲得しているが、同作の主演俳優は未定。「椿三十郎」は、9月中旬クランクイン。撮影は2カ月の予定で、07年の公開を目指す。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi