東京ファンタ、今年はお休み。代わって新映画祭が : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年7月4日 > 東京ファンタ、今年はお休み。代わって新映画祭が
メニュー

東京ファンタ、今年はお休み。代わって新映画祭が

2006年7月4日 12:00

東京国際シネシティフェスティバルのロゴマーク「ムトゥ 踊るマハラジャ」

東京国際シネシティフェスティバルのロゴマーク
[拡大画像]

85年以来、そのマニアックなラインナップで映画ファンに愛されてきた東京国際ファンタスティック映画祭が、今年の開催を見送ることになった。なお、来年以降の再開のメドも立っていないという。

同映画祭は、フランスのアボリアッツ・ファンタスティック映画祭をモデルに誕生。ジョン・カーペンタージェームズ・キャメロンらにいち早く注目し、「ムトゥ/踊るマハラジャ」を頂点としたマサラムービーのブームなどにも一役買っていたが、近年はスポンサー探しが難航し、運営が難しくなっていたという。なお、02年より同映画祭のチーフプロデューサーを務めてきたいとうせいこう氏は、「休止になることがそのまま終わりになることだとは考えていません。心意気と愛情がある限り、必ずまた始まるだろうと信じてやみません」とのコメントを発表した。

その一方で、新たな映画祭、東京国際シネシティフェスティバル(通称、TOKYOシネフェス)が開催されることが明らかになった。同映画祭は、“映画ファンと映画製作者が出会う映画祭”をコンセプトに、今年の11月23日~26日に渡って、東京・新宿の歌舞伎町シネシティを舞台に開催される。詳細はまだ明らかになっていないが、ハリウッドの作品も含んだ、幅広いラインナップが検討されているようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi