「ゆれる」西川監督は「カンヌに違和感」? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年7月4日 > 「ゆれる」西川監督は「カンヌに違和感」?
メニュー

「ゆれる」西川監督は「カンヌに違和感」?

2006年7月4日 12:00

脚本は是枝監督にもアドバイスをもらったとか「ゆれる」

脚本は是枝監督にもアドバイスをもらったとか
[拡大画像]

今をときめくオダギリジョーと実力派の香川照之が、東京で成功した弟・猛と、地方で家業を継ぐ兄・稔という対照的な兄弟を演じた「ゆれる」。文字通り、2人の揺れ動く内面を描いた人間ドラマの本作は、「誰も知らない」の是枝裕和に見出され、長編デビュー作「蛇イチゴ」で注目を集めた西川美和監督の長編第2作だ。

洋邦問わず原作物が多くを占める映画界において、オリジナル脚本にこだわり、2年の歳月をかけて本作の脚本を執筆した西川監督。今回は「サスペンスフルであってサスペンスにならないようなさじ加減」に最も苦労したという。映画は、兄弟の幼なじみ・智恵子が、稔と2人だけの現場で渓谷の吊り橋から転落し、果たしてそれが“事故”であったの否かが法廷で明らかにしていく。「本来のサスペンスは、観客が推理をしながらも、予想外のラストを期待されます。でも、私にとってはその謎自体はどうでもいい。サスペンスフルな作りにはしても、人間関係の移ろいや内面のドラマが一番大切でした。その主題を外してサスペンスに没頭されることが一番嫌でした」

そうして出来上がった本作は、カンヌ映画祭監督週間に正式出品となった。映画の作り手にとって大きな存在であろう“カンヌ”について監督は、「コンペのいわゆる“選ばれた人しか入れない”華々しさは、映画の作り手の立場からするとちょっと違和感がありますね」と言う。「もちろん、カンヌが選んできた作品には自分も影響を受けてきましたし、世界最大のマーケットで紹介され、より多くの人に観てもらえる意味では行ってみたい映画祭ではありました。今回出品された監督週間は、コンペや映画祭本体に対する反発組織という成り立ちなので、そこに選ばれたのは嬉しかったですね。コンペに比べると会場も小さく華々しくもないですが、私自身のスタンスに合っていると感じました。もちろんコンペに行きたくないとは言いませんけれども(笑)」

ゆれる」は7月8日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi