M・ナイト・シャマラン監督がディズニーを批判! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年6月27日 > M・ナイト・シャマラン監督がディズニーを批判!
メニュー

M・ナイト・シャマラン監督がディズニーを批判!

2006年6月27日 12:00

この話にオチはないの?「レディ・イン・ザ・ウォーター」

この話にオチはないの?
[拡大画像]

M・ナイト・シャマラン監督が、ディズニーの経営陣を痛烈に批判した。シャマラン監督は、「シックス・センス」から「ヴィレッジ」に至るまでの4作品を連続してディズニーで製作しているが、自伝「The Man Who Heard Voices:Or, How M. Night Shyamalan Risked His Career on a Fairy Tale」の中で、ディズニーの体質について言及。なんでも、シャマラン監督が新作「レディ・イン・ザ・ウォーター」の脚本を見せたとき、ディズニー側は見当違いな注文や批判をしてきたそうだ。

これにより、「ディズニーは個性に価値を置かない、新しいものを生み出そうというクリエイターを支持しないスタジオだ」と見切りをつけ、シャマラン監督はワーナー映画で新作を撮る決意を固めたという。「レディ・イン・ザ・ウォーター」の脚本に注文をつけたディズニー幹部と、それをはねつけたシャマラン監督。どちらが正しいかは、完成した映画を観て判断するしかない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi