人々がもっともインスパイアされた映画は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年6月20日 > 人々がもっともインスパイアされた映画は?
メニュー

人々がもっともインスパイアされた映画は?

2006年6月20日 12:00

アメリカン・フィルム・インスティテュート(AFI)が、「100 Most Inspiring Films of All Time」(歴史上、人々をもっともインスパイアした映画100本)を発表した。1位に選ばれたのは、フランク・キャプラ監督の傑作「素晴らしき哉、人生!」で、同監督の「スミス都へ行く」も5位にランクインしている。感動作がずらりと並ぶリストにもっとも多くの作品を送り込んだのは人気監督のスティーブン・スピルバーグで、「シンドラーのリスト」(3位)、「E.T.」(6位)、「プライベート・ライアン」(10位)、「カラー・パープル」(51位)、「未知との遭遇」(58位)の計5作品がランクインしている。トップ10は以下の通り。

1

素晴らしき哉、人生!」(1946)

2

アラバマ物語」(1962)

3

シンドラーのリスト」(1993)

4

ロッキー」(1976)

5

スミス都へ行く」(1939)

6

E.T.」(1982)

7

怒りの葡萄」(1940)

8

ヤング・ゼネレーション」(1979)

9

「三十四丁目の奇跡」(1947)

10

プライベート・ライアン」(1998)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi