「カーズ」ジョン・ラセター監督、ぐっさんに太鼓判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年6月20日 > 「カーズ」ジョン・ラセター監督、ぐっさんに太鼓判
メニュー

「カーズ」ジョン・ラセター監督、ぐっさんに太鼓判

2006年6月20日 12:00

ぐっさんに負けじと(?) ラセター監督も人形のメーターを頭に…「カーズ」

ぐっさんに負けじと(?)
ラセター監督も人形のメーターを頭に…
[拡大画像]

トイ・ストーリー」「ファインディング・ニモ」などでおなじみ、ピクサーの新作CGアニメ「カーズ」。6月14日、東京・新宿のパークタワーホールで行われた来日記者会見にて、監督であるジョン・ラセターとプロデューサーのダーラ・K・アンダーソンが挨拶した。

これまで数々のアカデミー賞作品を世に送り出したジョン・ラセターが、6年ぶりに監督を務めた今作では、個性豊かな車の世界が描かれる。車に着目した理由について、ジョンは「だって車が大好きなんだ! 僕は、車なしでは生活できないロサンゼルス出身だし、父は車のディーラーだった。言わばDNAに組み込まれているんだよ」と興奮気味に説明。また、とてもパーソナルだという今回のストーリーについて、「僕はこれまで働きづめだった。僕には5人の息子がいるんだけど、ある日、妻に言われたんだ。『このままだと子供たちの成長を見逃すことになるわよ』って。それから僕は大きなキャンピングカーを買って、家族と2カ月の旅に出た。この経験は僕を変えてくれたよ。そして、これを映画にしたいと思ったんだ」と語った。

カーズ」には名優ポール・ニューマンも声優として参加しており、ジョンはその感激を「初対面の時、僕は監督としてクールに振る舞おうと努めたけど、心の中では『本物だ!』って叫んでたさ」とコメント。会見最後に、日本版「カーズ」のメーター役を演じた山口智充が特製メーターキャップを被って登場すると、大喜びしながら「ぐっさん(山口)の声は最高だった。今日もとても似合うよ」と褒め称えた。「カーズ」は7月1日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi