「歴史上もっとも論争を呼んだ映画」は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年6月13日 > 「歴史上もっとも論争を呼んだ映画」は?
メニュー

「歴史上もっとも論争を呼んだ映画」は?

2006年6月13日 12:00

イエス・キリストの最後の12時間と復活を描いたメル・ギブソン監督作「パッション」(04)が、米エンターテイメント・ウィークリー誌が選ぶ「歴史上もっとも論争を呼んだ映画25本」の1位に輝いた。同作は、その過激な暴力描写や反ユダヤ主義的な思想が大論争を呼び、アメリカでは3億7000万ドルを超える大ヒットとなった。2位には、スタンリー・キューブリック監督の問題作「時計じかけのオレンジ」(71)がランクイン。トップ10は以下の通り。

1

パッション」(メル・ギブソン監督)

2

時計じかけのオレンジ」(スタンリー・キューブリック監督)

3

華氏911」(マイケル・ムーア監督)

4

ディープ・スロート」(ジェラルド・ダミアーノ監督)

5

JFK」(オリバー・ストーン監督)

6

最後の誘惑」(マーティン・スコセッシ監督)

7

「国民の創世」(D・W・グリフィス監督)

8

ナチュラル・ボーン・キラーズ」(オリバー・ストーン監督)

9

ラストタンゴ・イン・パリ」(ベルナルド・ベルトルッチ監督)

10

ベビイドール」(エリア・カザン監督)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi